ぐうたびTOP > 特集一覧  > もいわ山×大倉山 クリスマス&冬イベント  > もいわ山×大倉山 絶景ポイント


   


 
1. もいわ山で見る初日の出
これぞ拝みたくなる景色
標高531メートルの藻岩山山頂から見える初日の出は、神々しいほどの美しさ。 札幌市街地ごしに広がる雄大な石狩平野から、空を鮮やかに染めながら上る太陽の迫力は格別です。 1/1は、朝5:00から「札幌 もいわ山ロープウエイ」の運行を開始。初日の出を拝むベストスポットは、展望台の東側です。
 

 
2. もいわ山頂の360度絶景
札幌の地形が一望できます
.
山頂から見えるのは建物で埋め尽くされた市街地や石狩湾、 反対方向を向けば恵庭岳をはじめとした山々が連なる360度の景色が見渡せます。 札幌を一望する展望台にあるのは「幸せの鐘」。「愛の南京錠」(もいもいのおみせで販売)に願いやメッセージを書き込んで、手すりに鍵をかけてはいかが?
 

 
3. スキ―場から見渡す札幌市街地
街に向かって滑る感覚!
札幌市内中心部から、車でほんの20分ほどの場所にある「札幌藻岩山スキー場」。ゲレンデコース越しに札幌市街地の遠景が広がり、滑るほどに街並みがせまってくるような臨場感が楽しめます。奥行きのある景色が味わえる昼間もおすすめですが、夜景に変わる薄暮から夜のナイターもなかなかのもの。
 

 
4. プラネタリウムの満点の星
宇宙に広がる絶景を体感
もいわ山展望台内にある、「スタードーム」の直径6メートルのドームを埋め尽くす星の数々。吸い込まれそうな闇に広がる宇宙の映像は、神秘的な光景です。プラネタリウムクリエーター・大平貴之氏が手がけた最新のプラネタリウム。普段、肉眼では見ることができない世界を体感してみませんか?
 

 
5. レストランからひとり占めする夜景
札幌の夜景もごちそうです
もいわ山展望台に併設された「THE JEWELS(ザ・ジュエルズ)」は、札幌で1番高い場所にあるレストランです。壁一面ガラス張りの店内から見下ろす夜景は、店名のとおり”宝石”そのもの。窓に面した席はもちろん特等席ですが、内側の席からも夜景が楽しめる造りになっているのでご安心を。
 

 
6. ロープウェイからの動く絶景
5分間だけのとっておき
「もいわ山麓駅」から「もいわ中腹駅」へ向かう「札幌もいわ山ロープウェイ」は、ガラス面が大きな最新型ゴンドラを使用。登るほどにぐんぐん札幌の街が開けて見える、”動く”景色が楽しめます。この景色を楽しむならゴンドラ後部が特等席。もちろん横からも見えるので、混んでいてもご心配なく。
 

 
7. もーりす号からの動く大自然
雪上車の揺れも醍醐味です
冬期間「もいわ中腹駅」から山頂展望台まで観光客を運ぶ「もーりす号」は、ソリを引っ張る雪上車。 キャタピラを回転させて突き進む乗り物は、大人にも大人気です。今シーズンの運行は、現在、 団体様以外については決定していません。近々予定が決まるので、事前にご確認のうえおでかけください。
 

 
8. 大倉山ジャンプ台上から見渡す市街地
ジャンプ選手が見る景色
ジャンプ台の麓からリフトに乗って行く展望台は、整然と区切られた札幌の街並みと、ジャンプ台の高さが実感できる場所です。何より驚くのは、スタート地点から続くアプローチの傾斜。「落ちる」といっても過言ではないほどの角度に足がすくみます。街に向かって飛ぶ、選手の気分を味わって!
 

 
9.展望台でおいしいお肉と楽しむ夜景
味覚と視覚を刺激する場所
キンキンに冷えた冬の空気は、夜景の美しさを冴え冴えと際立たせます。真冬の夜景を、ぬくぬくと温かな空間で、さらに厳選されたお肉を味わいながら楽しめる幸せな空間が「ラムダイニング大倉山」。お肉ごしに見える街のきらめき…。肉好きのみなさんにとって、きっとたまらない絶景ですね☆
 

 
10. ジャンプ台下から見上げる迫力風景
想像以上の高さと迫力です
実際に見るジャンプ競技場は、テレビで見る中継から想像を超える高さ。ジャンプ台の下から見上げると、時速90キロものスピードで飛び出す踏切台の高さに驚きます。数々の記録を生んだ競技場を目の当たりにすると、ジャンプ選手の能力に圧倒するばかり。大会本番の景色が見たくなるはずです。
 





|  特集 T O P に戻る |


その他にもおすすめ!


特集バックナンバー

  • 温泉・露天風呂-北海道の温泉・露天風呂
  • 出張・ビジネス-CITY BUSINESS
  • 高級プレミアム-Premium
  • 日帰りプラン-ONE DAY
  • 目的で探す宿プラン-女子会 出張 グルメ