ぐうたびTOP > 特集一覧  > 奥尻島★春のドライブ旅



5月1日(水)の「島びらき」を皮切りに、本格的に春の観光シーズンがスタートする奥尻島。今年は震災(北海道南西沖地震)から20年の節目の年でもあり、復興を遂げた奥尻島の、まだまだ知られていない隠れた魅力を知ってもらおうと、海体験、山体験、田舎体験、郷土文化体験など、20の新しい体験観光プログラムを用意し、観光客をもてなしてくれます。さらに今年は、6月1日(土)から乗用車のフェリー航送運賃が片道無料になるキャンペーンも実施しているので、マイカーでの島旅がとってもお得! 2泊3日のおすすめモデルプランも紹介するので(予約は5月11日(土)から)、ぜひ参考にしてくださいね。






 
 
 
 

▲ ページトップへ


 


北海道の南西端に位置する奥尻島は、周囲84km、広さ142.97平方キロメートル。北海道で2番目に大きな離島です。南北に細長い三角状をなした島の沿岸部は、複雑な海岸線をなしており、海の幸の宝庫としてしられ、夏は獲れたてのウニやイカが食べられます。とりわけアワビは1年を通して食べることができるとあって、奥尻島を代表する食材となっています。また、かつては硫黄が採鉱されていたこともあり、温泉が湧く島でもあります。


札幌から車で約5時間
 (フェリー含む)
○函館から車で約3時間40分
 (フェリー含む)
○函館から飛行機で30分
○せたな町からフェリーで1時間40分
○江差町からフェリーで2時間10分
※羽田から函館経由奥尻まで飛行機で4時間10分
※丘珠(札幌)から函館経由奥尻まで飛行機で40分
▶詳しくはコチラ







その他にもおすすめ!


  • 温泉・露天風呂-北海道の温泉・露天風呂
  • 出張・ビジネス-CITY BUSINESS
  • 高級プレミアム-Premium
  • 日帰りプラン-ONE DAY
  • 目的で探す宿プラン-女子会 出張 グルメ