ぐうたびTOP > 特集一覧  > 風水トリップ 日高編_風水トラベル



fusui

アポイ岳と幌満(ほろまん)岳に挟まれた峡谷、幌満峡は、大谷先生によれば、大雪山・日高山脈から流れる大地のエネルギー「龍のパワー」がたまるパワースポットなのだそうです。さらに、神社の目の前に流れる幌満川の河岸は、地殻の下にあるマントルがむき出しになっている世界でも珍しいエリアでもあり、地中のパワーが溢れだしているそう。ダブルでパワーが交錯する、超強力なパワースポットで思いっきり深呼吸して、気を体いっぱいに取り込みましょう!
大雪・日高を通る気の流れが、沢の奥にあるダムに貯まって流れています。神社でお参りをしたら、ダムのある沢の奥を向き、深呼吸して気を体いっぱいに取り込んでください!
【アクセス】JR様似駅から国道336号を襟裳岬方面へ、幌満郵便局を左折し幌満ダム方面へ。車で約30分
■幌満川稲荷神社の前を流れる幌満川は、地殻のさらに奥のマントルが露頭している、世界でも非常に珍しい場所。地球からのエネルギーが溢れだしているようです。




エンルム岬は様似漁港の東岸にあたり、太平洋に突き出して60mほどの小山をなしています。大雪、日高山脈を龍の流れだとすると、「エンルム岬は龍の頭、まさにドラゴンヘッドです」と大谷先生は言います。岬の頂上からは、北はアポイ岳からの風を感じ、南は広大な太平洋を水平線まで見渡せる絶景スポット! 龍の頭に立ち、アポイの風に乗って大海原に進んでいく。想像するだけで、やる気に満ちてくるパワースポットです。

エンルム岬は龍の頭に当たる場所で、太平洋に向かってまさに進んでいこうとしているイメージ。これから新しいことを始めようとしている人にはぴったりのパワースポットです。
【アクセス】JR様似駅から国道336号を西へ、2つ目の信号を左折。車で約4分。
■高さ60mと標高が高くないのに、ミヤマオダマキをはじめとする高山植物が、なぜか生育しています。その原因はまだ解明されていないそうです。これもパワースポットの効果なのでしょうか??




地元でとれた特産物にも風水パワーが満ち溢れているそうです。ここ、「みついし温泉蔵三」にあるレストラン旅籠で出している「石焼き漁師めし」(980円)は、店の目の前に見渡せる太平洋で捕で捕れた、白身魚(取材時はマツカワカレイ)やタコ、灯台ツブ、イクラといった魚介がたっぷり入っています。アツアツの石鍋に醤油を垂らして「ジュー!」と音がしたら、豪快に混ぜてガブリ! 隠し味の日高乳業のバターがコクのある味に仕上げてくれます。

飲んだり食べたりというのは、風水的には気を取り入れる方法のひとつです。特に地下水や地元でとれた特産品は重要。気のエネルギーを体内に取り込んでください。
【住所】新ひだか町三石鳧舞(けりまい)162 みついし昆布温泉 蔵三1F
【電話】0146・34・2300
【営業】11:00〜20:00
【休み】なし【駐車場】約200台
【アクセス】JR様似駅から国道336号を北西へ、車で約40分。JR日高三石駅から国道336号を南東へ、車で約10分。
■国道336号沿いにある「みついし昆布温泉 蔵三」。レストラン旅籠は1Fにある。




より大きな地図で 日高パワースポットドライブ を表示


2件ありました

最初最後


みついし昆布温泉 蔵三エリア:日高・えりも

札幌から車で約2時間半
新ひだか町道の駅三石に隣接した太平洋を望む絶景の宿

おすすめ宿泊プラン※消費税別・サービス料込

星の海舟露天風呂:心地よい波音をBGMに浜風を感じながら、夜には満点な星空を・・・

ナチュラルリゾート・ハイジアエリア:日高・えりも

日高産の地産食材にこだわった“ヌーベル日高キュイジーヌ”

おすすめ宿泊プラン※消費税別・サービス料込

【夕食一例】前菜には有機・無農薬の野菜と、北海道ならではの新鮮魚介を。

最初最後


この特集の関連記事

その他にもおすすめ!


  • 温泉・露天風呂-北海道の温泉・露天風呂
  • 出張・ビジネス-CITY BUSINESS
  • 高級プレミアム-Premium
  • 日帰りプラン-ONE DAY
  • 目的で探す宿プラン-女子会 出張 グルメ