ぐうたびTOP > 特集一覧  > 道南 秋の紅葉&新観光地をめぐる旅



道南北部8町村には山間の秘湯、夕陽を眺める絶景温泉、カキやアワビ、ホッケ等の獲れたて海産物を豪快に食べられる飲食店、日本最北限のブナの森、北海道最大級の滝「賀老の滝」といった大自然を満喫するスポットなど、まだまだ知られていない魅力的な観光スポットが満載! ここでは、そんな秘湯、絶景、穴場満載のエリアを紅葉と共に楽しむ観光モデルコースを紹介します。旅行券2万円分が当たる観光アンケートもあるので、ぜひ協力してください。

  道南北部エリアの観光に関するアンケートにご協力ください。ご協力いただいた方の中から、抽選で2名の方に2万円分のJTB旅行券を、16名の方に「八雲牛」や「らんこし米」、「今金男しゃく」、「生炊きしらす佃煮」など3000円相当の地元特産品をプレゼントいたします。
 


  函館を出発し、八雲のパノラマパークで絶景ランチ、旧尾張藩士が作った庭園で紅葉観賞。今金町では風車の前で休憩し、夜は日本海の夕陽を眺める温泉宿でゆったり。2日目は北海道最大級の滝「賀老の滝」で紅葉を楽しみ、寿都町のご当地グルメ「寿都ホッケ飯」に舌鼓。夜は蘭越町で湯めぐり三昧。最終日は蘭越町で地元の獲れたて新米のおにぎりや釜飯を堪能。絶景、紅葉、グルメ三昧のルートです。
 

  函館から江差を抜けて日本海側へ。熊石でアワビ丼を楽しんだ後は、日本一のロングコースを持つ北海道最大級のパークゴルフ場「北檜山グリーンパーク」で汗を流し、夜は島牧のモッタ海岸温泉で夕陽を見ながらゆったり。2日目は道の駅「よってけ!島牧」や寿都町「カキ小屋」で海鮮三昧。お昼は黒松内のブナ林を散策する森林浴でリフレッシュして、長万部へ。最終日は長万部の前浜で海釣りを楽しみ、函館への帰りがけに八雲町の遊楽部川でサケの遡上する様子を見学。海鮮三昧のルートです。
 

  八雲町「雲石峡」や長万部「ほたるの里」などの山間の紅葉スポットから、今金町「奥美利河温泉」、せたな町「臼別温泉」などの山奥の秘湯、「よってけ!島牧」「みなとま~れ寿都」などの秋のご当地食材が楽しめる道の駅まで、道南北部の秋のおすすめ観光スポットを厳選して紹介します。
 

▲ページトップへ

 


その他にもおすすめ!


  • 温泉・露天風呂-北海道の温泉・露天風呂
  • 出張・ビジネス-CITY BUSINESS
  • 高級プレミアム-Premium
  • 日帰りプラン-ONE DAY
  • 目的で探す宿プラン-女子会 出張 グルメ