ぐうたびTOP > 北海道 おすすめスポット情報 > 函館・湯の川・大沼・鹿部  > 史跡大船遺跡


北海道 おすすめスポット情報

史跡大船遺跡
函館市・見る&遊ぶ&日帰湯
平成21年度に整備が完了した「縄文のにわ」。復元された竪穴住居や発掘当時の住居、盛土遺構の様子を再現。当時の生活環境が伺えます
平成21年度に整備が完了した「縄文のにわ」。復元された竪穴住居や発掘当時の住居、盛土遺構の様子を再現。当時の生活環境が伺えます

壮大な遺跡跡を前に、縄文時代への思いをはせながら自然に癒される

縄文時代中期(約5500~4000年前)を中心とした大規模な集落跡です。1996年に行われた発掘調査で注目され、2001年に国の史跡として指定されました。遺跡の周辺は、海・山・川に囲まれた豊かな自然が残されており、秋には大舟川にサケの遡上を見学でき、川の上流ではホテルひろめ荘や保養センターで天然の温泉が楽しめます。


施設名
(イベント名)
史跡大船遺跡
 
所在地函館市大船町575番地1
 
お問い合わせ先0138-25-2020(縄文交流センタ-)
 
定休日・営業時間開館時間:9:00~17:00
定休日:4月20日~11月12日までの期間は無休
11月13日~翌年4月19日まで閉館
 
料金入館料無料
 
アクセス方法函館駅前から函館バスで約1時間10分、函館駅から約50分
 
駐車場あり (20台・無料)
 
ホームページhttp://www.hakobura.jp/db/db-view/2009/04/post-135.html
 
その他■遺跡見学
縄文時代のムラの様子を部分的に復元
■展示館
大船遺跡をはじめとした南茅部地域の主な縄文遺跡や世界遺産登録を目指している北海道・北東北の縄文遺跡郡についてのパネル展示をしています。また、北の縄文CLUBが制作した土器なども展示しています。休憩スペースとしてもご利用できますので、気軽にお立ち寄りください。
 
更新日:2017/02/02
読み込み中・・・

※料金・内容については変更になる場合があります。ご了承ください。

スポンサーリンク

  • 復元された竪穴住居。約4千年前、渡島半島で流行した構造を有し、それまで一体だった本州とは異なる独自の文化を創出した趣が印象的です
    復元された竪穴住居。約4千年前、渡島半島で流行した構造を有し、それまで一体だった本州とは異なる独自の文化を創出した趣が印象的です
  • 発掘当時の大型住居。その大きさは深さ2.4mと国内屈指の大きさで、長期間にわたり集落が営まれた定住性を如実に示す貴重な遺構
    発掘当時の大型住居。その大きさは深さ2.4mと国内屈指の大きさで、長期間にわたり集落が営まれた定住性を如実に示す貴重な遺構
  • 多数の竪穴住居跡とともに、膨大な土器や石器が廃棄された盛土遺構が見つかりました。廃棄儀礼が行われた「送りの場」と考えられます
    多数の竪穴住居跡とともに、膨大な土器や石器が廃棄された盛土遺構が見つかりました。廃棄儀礼が行われた「送りの場」と考えられます

他のエリアのおすすめスポット一覧へ


  • 夏の大満足★1万円キャンペーン2017
  • 2017春の大満足★1万円キャンペーン

宿を探す・予約する

Quick検索

その他にもおすすめ!


特集バックナンバー

  • 温泉・露天風呂-北海道の温泉・露天風呂
  • 出張・ビジネス-CITY BUSINESS
  • 高級プレミアム-Premium
  • 日帰りプラン-ONE DAY
  • 目的で探す宿プラン-女子会 出張 グルメ