ぐうたびTOP > 北海道 おすすめスポット情報 > 旭川  > 北の天文字焼き 2017


北海道 おすすめスポット情報

北の天文字焼き 2017
名寄市・イベント
道北の冬を飾る一大イベント。天文字と花火の競演が夜空を彩ります
道北の冬を飾る一大イベント。天文字と花火の競演が夜空を彩ります

ギネスに挑戦!!世界一巨大な雪上火文字焼き。道北の大地に「天」の文字が赤々と燃え上がる

北の大地の冬空を赤々と焦がす「北の天文字焼き」。そのスケールは縦220メートル、横150メートルで、巨大な雪上の火文字の「天」が太陽の丘に浮かび上がります。市内のデパート屋上では天文字焼きを一望できる「見る集い(夜祭り)」を開催、第二会場の小学校ではスノーランタンと火文字、花火の競演が楽しめます。悪天候でも毎年実施されており、悪天候のときほど「フォトコンテスト」では幻想的な作品ができると言われています。


施設名
(イベント名)
北の天文字焼き 2017
 
所在地名寄市旭東「太陽の丘」
※見る集い(第一会場)等は別の場所となります
 
お問い合わせ先0165-42-0724(北の天文字焼き2017実行委員会事務局)
 
イベント開催日2017年2月18日(土)・点火18:00
 
料金・点火プレゼンター:点火体験費1,500円(チケット1枚、2017参加記念証ハガキ)
・「見る集い」飲食:全チケット制/1枚1,000円(100円×10枚綴り、抽選券付き※前売りのみ)
 
アクセス方法・第一会場(「見る集い・夜祭り」)は西條名寄店(西4南8)の屋上で17:00~
・第二会場(スノーランタン・コンサート会場)は名寄市立東小学校(東3南3)で17:00~
 
駐車場あり (300台・無料※第一会場のみ。混雑が予想されます。また「見る集い」で飲食される方は公共交通機関をご利用ください)
 
ホームページhttp://www.kitanotenmonji.com
facebook「北の天文字焼き」
https://www.facebook.com/kitanotenmonjiyaki
 
その他【何故「天」なのでしょうか?~天文字の由来~】
実は北北海道(道北)には、天塩岳を源流とする一級河川「天塩川」の流域に多くの市町村が点在しています。1989年当時の道北14市町村の所在地(点)と天塩岳を線で結ぶと、天塩川の『天』という文字になっていることから、平成元年から広域振興・広域観光を目指してこのイベントが始まりました。
 
更新日:2016/12/02
読み込み中・・・

※料金・内容については変更になる場合があります。ご了承ください。

スポンサーリンク

  • ドラム缶270個を配置。点火プレゼンターが、たいまつをリレーして約25分で火文字を書き上げます
    ドラム缶270個を配置。点火プレゼンターが、たいまつをリレーして約25分で火文字を書き上げます
  • 名寄東小学校のスノーランタンと天文字、花火の競演
    名寄東小学校のスノーランタンと天文字、花火の競演
  • 天文字の由来。1989年当時の市町村と天塩岳を結ぶと巨大な天の文字が浮かび上がります
    天文字の由来。1989年当時の市町村と天塩岳を結ぶと巨大な天の文字が浮かび上がります

他のエリアのおすすめスポット一覧へ


  • 2017秋の大満足★1万円キャンペーン

宿を探す・予約する

Quick検索

その他にもおすすめ!


  • 温泉・露天風呂-北海道の温泉・露天風呂
  • 出張・ビジネス-CITY BUSINESS
  • 高級プレミアム-Premium
  • 日帰りプラン-ONE DAY
  • 目的で探す宿プラン-女子会 出張 グルメ