ぐうたびTOP > 北海道 おすすめスポット情報 > 小樽・キロロ・積丹  > 市立小樽文学館・市立小樽美術館


北海道 おすすめスポット情報

市立小樽文学館・市立小樽美術館
小樽市・見る&遊ぶ&日帰湯
昭和30年代初め頃の伊藤整の書斎を当時の写真や遺族の方からの証言などを参考にして再現しています。作家の日常をかいま見ることができます
昭和30年代初め頃の伊藤整の書斎を当時の写真や遺族の方からの証言などを参考にして再現しています。作家の日常をかいま見ることができます

商都として繁栄した古き良き時代と今を、アート&文学で感じる

市立小樽文学館では小樽にゆかりのある小林多喜二、伊藤整、石川啄木といった作家に関する資料約1,000点を展示。作家の直筆原稿や書簡、多喜二のデスマスクなど貴重な品が並んでいます。同建物内の市立小樽美術館1階は、小樽生まれで小樽を愛した風景画家である中村善策の記念ホールとなっており彼の作品と資料が展示されています。2階では郷土ゆかりの作家作品や多彩な企画による特別展を開催しています。外の喧噪からちょっと離れて文学&芸術で小樽を感じることができます。


施設名
(イベント名)
市立小樽文学館・市立小樽美術館
 
所在地小樽市色内1丁目9-5
 
お問い合わせ先0134-32-2388 (市立小樽文学館)
0134-34-0035 (市立小樽美術館)
 
定休日・営業時間休館日/両館とも月曜日・祝日の翌日(土・日は除く)・年末年始
開館時間/9:30~17:00
 
料金・共通入館券 ※同一の日に限り文学館と美術館共通
一般500円(400円)
高校生250円(200円)
市内にお住まいの70歳以上の方250円(200円)
・普通入館券 ※文学館・美術館それぞれ
一般300円(240円)
高校生150円(120円)
市内にお住まいの70歳以上の方150円(120円)
※()内は20名以上の団体料金です
※中学生以下の方は無料です
※特別展の場合等料金が変わることがあります
 
アクセス方法JR小樽駅より徒歩で約10分
 
駐車場あり (20台・無料)
 
ホームページ市立小樽文学館/http://otarubungakusha.com/yakata
市立小樽美術館/http://otarubij-kyoryoku.com/
 
更新日:2016/12/26
読み込み中・・・

※料金・内容については変更になる場合があります。ご了承ください。

スポンサーリンク

  • 文学館に併設するカフェコーナー。コーヒーやお茶を飲みながら、ゆったりとした時間を過ごせます
    文学館に併設するカフェコーナー。コーヒーやお茶を飲みながら、ゆったりとした時間を過ごせます
  • 小樽駅から運河へ向かう途中にある文学館と美術館。文学館・美術館共通券で同じ日であれば両館に入館できます
    小樽駅から運河へ向かう途中にある文学館と美術館。文学館・美術館共通券で同じ日であれば両館に入館できます
  • 美術館1階の中村善策記念ホール。日本を代表する風景画家中村善策の明るくて力強い独特の風景画を展示しています
    美術館1階の中村善策記念ホール。日本を代表する風景画家中村善策の明るくて力強い独特の風景画を展示しています

他のエリアのおすすめスポット一覧へ


  • 夏の大満足★1万円キャンペーン2017
  • 2017春の大満足★1万円キャンペーン

宿を探す・予約する

Quick検索

その他にもおすすめ!


特集バックナンバー

  • 温泉・露天風呂-北海道の温泉・露天風呂
  • 出張・ビジネス-CITY BUSINESS
  • 高級プレミアム-Premium
  • 日帰りプラン-ONE DAY
  • 目的で探す宿プラン-女子会 出張 グルメ