ぐうたびTOP > 北海道 おすすめスポット情報 > 札幌  > 北海道大学総合博物館


北海道 おすすめスポット情報

北海道大学総合博物館
札幌市北区・見る&遊ぶ&日帰湯
常設展示のほか、テーマを決めて企画展示も実施。
常設展示のほか、テーマを決めて企画展示も実施。

北大の博物館は多彩な分野の展示がいっぱいで、知的好奇心がくすぐられます

北海道大学には一般市民が見学できる博物館があります。展示は、北大の歴史、学術テーマ、学術資料の3部から成り立っており、北大歴史展示は、創立以来の歴史やクラーク精神に関する紹介。学術テーマ展示では、北大の膨大な研究成果と研究で用いられてきた標本・資料・施設の一端を紹介。学術標本展示では、植物・昆虫・哺乳類骨格・鉱石・化石などを紹介しています。また、土曜市民セミナー、国際シンポジウム、講演会、准分類学者養成講座、4Dシアター、卒論・修論ポスター発表などアカデミックな行事も行われています。


施設名
(イベント名)
北海道大学総合博物館
 
所在地札幌市北区北10条西8丁目
 
お問い合わせ先011-706-2658
 
定休日・営業時間営業時間:6月~10月/9:30~16:30、11月~翌5月/10:00~16:00
定休日:月曜(祝日の場合は開館、連休明けの平日休館) 12/28~1/4・

※現在、耐震改修工事のため休館しています。工事終了後、平成28年7月頃にリニューアルオープンの予定です。
 
料金入館無料
 
アクセス方法JR札幌駅北口から徒歩10分
 
駐車場なし
 
ホームページhttp://www.museum.hokudai.ac.jp/
 
その他ミュージアムショップや休憩・談話コーナーもあり
 
更新日:2015/11/19
読み込み中・・・

※料金・内容については変更になる場合があります。ご了承ください。

スポンサーリンク

  • 北大の長尾巧教授が命名した恐竜ニッポノサウルスと、同教授が発掘した大型水生ほ乳類デスモスチルスの化石標本展示
    北大の長尾巧教授が命名した恐竜ニッポノサウルスと、同教授が発掘した大型水生ほ乳類デスモスチルスの化石標本展示
  • ウサギの耳のタール癌。世界で始めて癌が化学物質でできることを証明し、1926年のノーベル賞候補となった市川厚一博士の標本
    ウサギの耳のタール癌。世界で始めて癌が化学物質でできることを証明し、1926年のノーベル賞候補となった市川厚一博士の標本
  • 北海道恵庭市光竜鉱山産の金銀鉱石。温泉活動に伴って生成した
    北海道恵庭市光竜鉱山産の金銀鉱石。温泉活動に伴って生成した

他のエリアのおすすめスポット一覧へ


  • 2016冬の大満足☆1万円キャンペーン
  • 2017春の大満足★1万円キャンペーン

宿を探す・予約する

Quick検索

その他にもおすすめ!


  • 温泉・露天風呂-北海道の温泉・露天風呂
  • 出張・ビジネス-CITY BUSINESS
  • 高級プレミアム-Premium
  • 日帰りプラン-ONE DAY
  • 目的で探す宿プラン-女子会 出張 グルメ