GoTo1週目

ぐうたびTOP > 特集一覧  > ふらり石狩シーサイドドライブ_SPOT1



ishikari_shop




人気のクロワッサンは12時頃の焼き上がり。サクサクした食感は、これぞ本場の味わい

スウェーデンヒルズへ向かう通りの右側。真っ赤な外観に緑のボードが目印。店内には常時約30種類のパンが並んでいる
札幌市内からあいの里を抜け、目指すは石狩太美。JR石狩太美駅からスウェーデンヒルズへと向かう通称スウェーデン大通り。そこに面した真っ赤なかわいい建物は、界隈の人が「美味しい!」と絶賛するマチの自慢のパン屋さん「パントリー大地」。ドアを開けると豊かな酵母の香り漂い、もうそれだけでは幸せな気分に。オススメはバゲットやカンパーニュなどのフランスパン。「北海道の小麦も使いますが、フランスパン系はやっぱりその国の小麦粉が一番。何よりも香りがちがうんです」とオーナーの岩村さん。「オリーブオイルを含ませ、軽くトーストするのも美味しいですよ」と、岩村さんお気に入りの食べ方も教えてくれました。




【電話】0133・26・2869
【住所】当別町太美1495・19
【営業】10:00〜18:00 【休み】月・火

❶オーガニック系のオリーブオイルやジャムなども販売
❷奥にはカフェスペース(4席)もあるので、焼きたてパンをその場でイートインするのもOK。コーヒーや紅茶などのメニューも用意
❸小窓には松ボックリやなど、木の実をディスプレイ


>>特集トップへ戻る



オープンサンドにもぴったり「紅鮭ソフトスモーク」(525円〜)。鮭のほか蟹のパテもあり

石狩といえば「鮭」。そして鮭といえば「サーモンファクトリー」。オススメは、キングサーモンの温燻を十勝産クリームチーズや生クリームで練った「鮭のパテ」。焼きたてパンにたっぷり塗ったオープンサンドに、海を見ながらかぶりついてはいかが?オープンエアでランチするのもこの季節のならではの楽しみ方。館内では、新千歳空港などで人気の、お茶碗2膳分ジャンボサイズの海鮮グルメおにぎり(1個310円〜350円)も販売しています。

トーストにさっとひと塗り「鮭のパテ」(350円/55g)。

■旧石狩川沿いに立ち、眺めも魅力


【電話】0120・625・090
【住所】石狩市新港東1丁目625
【営業】10:00〜18:00、土日祝〜19:00
※季節により営業時間が異なります 
【休み】月・火


>>特集トップへ戻る



赤白の石狩灯台がハマナスの群落を一層情緒豊かに見せる

ハマナスの他、エゾカワラナデシコなどの愛らしい花が楽しめる
石狩で立ち寄りたいのは「はまなすの丘公園」。日本海と石狩川が作り出す1.5kmの砂嘴は、海辺のワイルドフラワーが咲く花の楽園。とくに6月から7月にかけて、一帯はハマナスの甘く濃厚な香りに包まれます。ハマナスの他、ハマエンドウ、ハマボウフウ、エゾスカシユリなど180種もの花が秋まで順次、楽しめます。散策の前に海浜植物保護センターやヴィジターセンターで下調べをしてから出かけるともっと花めぐりが楽しめますよ。


【電話】0133・62・3450(はまなすの丘公園)【住所】石狩市浜町29・1


>>特集トップへ戻る



ツヤツヤいちごをお腹いっぱい召し上がれ
国道231号線を北上、石狩河口橋を超え、八幡町交差点を右折し約2km。ブリジストンの看板を右折すると見えてくるのがいちご狩りで人気の「よこやま農園」。農薬を使わず栽培しているので、洗わなくてもそのまま食べられるのがうれしい安心いちご。そのいちごはもちろん、アスパラなど季節の新鮮野菜を直売所で購入することもOK。その他、手作りいちごソースがたっぷりかかったソフトクリーム(250円)など、いちご狩りをする時間がなくても、完熟いちごを満喫できます。
ハウスの中でいちごがスクスク成長中




【電話】0133・66・3290
【住所】石狩市北生振865-1
【営業】9:00〜17:00
【休み】月・火【入園料】大人(中学生以上)700円、子供(3歳〜小学生)400円 ※お持ち帰り300g400円 ※イチゴがなくなり次第閉園
【HP】http://sarago.ddo.jp/noen/

❶小さな子供も楽しめるいちご狩り
❷かわいいイチゴマークが目印





その他にもおすすめ!


  • 温泉・露天風呂-北海道の温泉・露天風呂
  • 出張・ビジネス-CITY BUSINESS
  • 日帰りプラン-ONE DAY
  • 目的で探す宿プラン-女子会 出張 グルメ