【札幌ラーメン最新事情 2018】3-1

受け継がれるDNA 「札幌ラーメン」の魅力

ここ数年、大好きな札幌ラーメンの老舗店の閉店が目に付く。
特に2017年は個人的に大好きなお店2店が閉店してしまい、大きなショックを受けた。

一つは「おきもと」。
2017年12月末で惜しまれつつの閉店

148___1

しっかりと豚骨の旨味の出たやや白濁したスープ。

148___2

弾力ある黄色い縮れ麺は札幌ラーメンそのもの。

148___3

チャーハンのセットもコスパが高く、美味しくてお腹いっぱいになれるお店だった。
沢山のファンがいながら道路の拡幅工事の影響で30年弱の長い歴史に幕を閉じた・・・。

もう一つは福来軒本店(16条店)。

148___4

とんねるずの番組で紹介されたこともあり、知名度も全国区になったが、テレビで紹介されるずっとずっと前から沢山のファンがいたお店。
1965年の創業で50年以上の長きにわたり愛されたこのお店もその歴史に幕を下ろした。

148___5

終盤には閉店を惜しむ常連客で連日行列が続いた。
名物の箸タワーも傾いたカウンターも想い出の中だけのものとなってしまった・・・。
~~~
だが!
昨年はそんな寂しい話題とは逆に伝統を受け継いだ魅力ある札幌ラーメンのお店のオープンも目立った年でした。
今回はそんなお店にスポットを当ててみたいと思います。

■ラーメン二代目けけけ

最初にご紹介するのは「ラーメン二代目けけけ」です。
先にも書いた通り、2017年に惜しまれつつ閉店したお店「福来軒本店」。

148_kekeke600_023

郷愁をそそる昔ながらのオーソドックス札幌ラーメン。
黄色い縮れ麺に黒い醤油スープ。
箸タワーと呼ばれた割りばしの搭。
そして傾いたカウンター(笑)

個人的に本当に大好きなお店でした。
特に醤油ラーメンはDNAが震えるぐらい好きでした(^^)b

148_kekeke600_001

その福来軒本店の閉店を悲しんだのは私だけではないはず。
そんな折に「福来軒の副店長がお店をオープンするらしい」という情報が飛び込んできた。
その名も「二代目けけけ」
“二代目”は福来軒のDNAを受け継いでいるという意思表示でしょう。

148_kekeke600_030

棚の上には福来軒時代の思い出の写真や、常連さんからの手紙が飾られていました。


148_________

そして目に飛び込んでくるのは懐かしの「箸タワー」
否が応でも期待は高まってしまいます。

148_kekeke600_002

オープン間もないこともあり、メニューは絞っていてラーメンメニューは「焙煎コク味噌」と「もやし正油」の2種類。
開店間もない店内は改装も済んでいてとてもキレイ。
もちろんカウンターも傾いていない(笑)

148_kekeke600_003

おー!ドンブリのカラーも似たような色。
トッピングにこそ違いはあれど、発するオーラも福来軒同様ノスタルジック正油ラーメンのそれと同じ。

148_kekeke600_004

スープを一口・・・!
美味しい!!(*o*)
福来軒と全く同じではなく、あえての店主さんの個性が出されているものの、ベクトルは同じと言って良いと思う。

148_kekeke600_005

昆布の旨味が強められているのに加えて福来軒にはなかった旨味のエッセンスを感じる。
店主さんに聞くとスープにもタレにも昆布の一番出汁を使い、数種類の果物も加えているらしい。
それが厚みのある自然なコクを出しているんでしょうね。
福来軒では歴史もあってファンも多かったので大きな味の変更ができなかったもどかしさも、もしかしたらあったのかもしれない。
でも、もしあのお店で味のバージョンアップをしようとしたらこっちのほうに持っていきたかったんじゃないかな。

148_kekeke600_006

西山製麺の麺は札幌スタイルの懐かしさを感じる麺。
福来軒と同じ麺を使用しているらしいが、スープとタレのバランス、そして茹で加減の関係もあるのか、良い意味で違う印象を受ける。
少しポクっとした食感に麺そのものにも甘さを感じる美味しさ。

148_kekeke600_007

お麩や・・・。

148_kekeke600_008

海苔の存在も郷愁を演出してくれる。
新店なのに懐かしいオーラがドンブリにつまっている。

148_kekeke600_024

福来軒時代には大きなスープ釜(上の写真)があって「これがないとどうしても福来軒本店らしいスープの旨味が出てこない」と言っておりました。

148_kekeke600_009

そのスープ窯は建物の取り壊しと一緒に撤去され役目を終える事になってしまったそうで、そのことをとても残念がっていました。

148_kekeke600_010

もしかしたらその足りない旨味を独自の感性で補ったのがこの一杯なのかもしれない。

148_kekeke600_011

福来軒本店のイズムを持ち、敬意を払いながら独自の味を作り上げたこのお店のオープン

148_kekeke600_012

イチ札幌ラーメンファンとしては嬉しい限りです!

148_kekeke600_014

まだ醤油ダレの角が取れていないからかもしれないが、スープは飲み干してはいけない位ちょっと塩分濃度が高めに感じる。
健康のことを考えたらスープは当然残しますよね(^^)b

148_kekeke600_015

なーんちゃってね!!(^^;
身体に良くないとわかっていても、飲み干したくなる誘惑にかられる。
それぐらい中毒性もある美味しいスープだ。

大体ここで我慢できていたらこんな体型にはなっていないと思うわ(-_-)

そうそう。
最後に店名の「けけけ」の由来ですが・・・

148_kekeke600_020_500

店主さんの独特な「けけけ(^o^)」という笑い方に由来するらしい。
明るく回りを元気にしてくれる笑い声・・・。
このラーメンとその人柄で私も幸せな気分になりました(^^)
ご馳走様でしたm(_ _)m

148_kekeke600_013

蛇足だが、もし私が自分の特徴から店名をつけるとすると
「一代目 ぽよんぽよんぽよん」
とかになっちゃうかな。
・・・まずはスープを飲み干さない強い心を持つところからかな(-_-)



【ラーメン二代目けけけ】
住所:札幌市白石区本郷通5丁目北1-22
営業時間:11:30~15:30 17:00~21:00
定休日:月曜日
TEL:非公開

148_148_______

148_148_______3