148_1_______

爽やかな初夏の層雲峡へ!高山植物はこれからが見頃

春から初夏へうつりゆく北海道ですが、大雪山系の黒岳では、5月末から6月ころまでチシマザクラが咲いています。ダイナミックな峡谷はもちろん、野鳥がさえずり、高山植物が咲き乱れる初夏の層雲峡へ出かけませんか。

初夏の層雲峡☆見どころ ①

大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ

148_2_______

6月より夏の営業を開始した黒岳ロープウェイ。温泉街のある層雲峡駅から約7分で五合目の黒岳駅へ。そこから徒歩3分ほどの展望台では、日本一遅い開花と言われるチシマザクラが6月中旬~下旬まで楽しめるそうです。

148_3___

早朝6時の始発に乗るとこれからの季節は雲海に出会えることも。事前予約をしてガイドさんと散策するのもおすすめです。また、五合目から七合目はリフトが便利。さらに頂上へは歩くこと約1時間半、天気に恵まれた日は、準備をして7合目や山頂を目指してみるのも楽しいですよ。

148_1



初夏の層雲峡☆見どころ ②

流星・銀河の滝 ~ 層雲峡温泉 花ものがたり

148_4_______

柱状節理の断崖絶壁が約24kmにわたって続く層雲峡。大函、小函、銀河の滝、流星の滝など層雲峡ならではのダイナミックな峡谷と滝、そして美しい緑の景色を楽しめます。

中ほどに立ち並ぶ温泉街は、6月から10月にかけてプランターやハンギングに植えられた約1万株の花が咲き誇り、ヨーロッパの山岳リゾートのような雰囲気です。

148_______2



初夏の層雲峡☆見どころ ③

大雪 森のガーデン

148_6_________

層雲峡温泉から車で約30分、大雪高原旭ヶ丘の森に作られたガーデンは、約700品種もの草花が、5つのテーマガーデンで華やかな表情を見せる「森の花園」エリアと、起伏のある変化にとんだ地形とそこで育った樹々を活かした「森の迎賓館」と呼ばれる2つのエリアに分かれています。

148_7_________2

緑の小径をゆっくりと歩きながら、美しい花々と樹々の織り成す風景を楽しみましょう。ショップやカフェもあるのでゆったりと休むこともできますし、隣接するガーデンレストラン&ヴィラ「フラテッロ・ディ・ミクニ」では大雪山の雄大な景色を眺めながら、新鮮な道産食材にこだわったお料理を堪能できます。

148_8______



層雲峡はこれからがベストシーズン!お花や景観を満喫したあとは温泉へ。柱状節理の絶景露天風呂を楽しめる朝陽亭や、新しいレストランがオープンした朝陽リゾート、湯衣を着て混浴露天を楽しめる層雲峡観光ホテルなど、ぐうたび限定のお得プランを販売中です!

最大45%オフの1万円などおすすめプランはコチラ

148____________