リニューアルキャンペーン

二十間道路桜並木

  • 新ひだか町
  • 自然景観
  • 全長約7kmの直線道路に2000本を超える桜が咲き誇る桜並木。「二十間」の名前は道幅が二十間(36m)あることに由来します

  • 見上げると降るように覆いかぶさる桜の花。300mに渡って続く桜のトンネルで風情ある散策を楽しんで

  • 新ひだか町は日本一のサラブレッド生産地。桜舞馬公園(オーマイホースパーク)には、テスコボーイのブロンズ像など功労馬の石碑が並びます

  • 二十間道路北端にある「龍雲閣」(明治42年竣工)は、皇族方が利用された貴賓舎(宿泊所)。桜まつり期間限定で一般公開されるので、ぜひ見学を

「花のトンネル」散策で満開の桜に包まれる。周辺には歴女の心奪うスポットも点在

二十間道路桜並木といえば、言わずと知れた桜の名所。車で走るだけでも楽しめますが、やはりここは駐車場に車をとめてゆっくり散策がおすすめ。メインストリート脇には「花のトンネル」と呼ばれる細い砂利道があり、両側から覆いかぶさるように続く桜回廊で儚く美しい桜の世界に浸れます。また、通り沿いには「日本の道百選」や「さくら名所100選」などの石碑に加え、「北海道遺産」の記念碑も設置されています。歴女のあなたには、「お登勢の碑」や歴史的建造物「龍雲閣」などと併せて歴史探索をしてみては?

知っトク情報・その他

  • 二十間道路が整備されたのは明治36年のこと。宮内省所管の新冠御料牧場(現家畜改良センター新冠牧場)を視察する皇族方の行啓道路として、桜が植栽されたのは大正5年。当時の牧場職員が3年の歳月をかけて近隣の山々からエゾヤマザクラ等を移植したそうです 

詳細データ

  • 施設名 (イベント名)
    二十間道路桜並木
  • 所在地
    新ひだか町静内田原、静内御園
  • お問い合わせ先
  • 定休日・営業時間
    常時入場可能※桜まつり会場内の出店は17時を目処に閉店
  • 料金
    入場無料
  • アクセス方法
    道央自動車道・苫小牧東ICから日高自動車道・日高厚賀IC経由で国道235号線へ。新ひだか町静内市街から道道71号線で並木の入口まで6㎞
  • 駐車場
    あり (30台・無料 ※桜まつり期間約650台)
  • ホームページ
    http://www.shinhidaka-hokkaido.jp/
  • メニュー
    桜まつり開催中、花のトンネル近接のお土産広場では、その場ですぐ食べられるファーストフードや地元の特産品、桜まつり限定販売のお土産などを用意しています

更新日:2023/12/27