北鎮記念館

  • 旭川市
  • 歴史文化
  • 開拓使開庁から屯田兵の入植を経て、陸軍第七師団の設立と終焉までが克明に記された師団史は、近代日本史のリアルな史実です

  • 北海道の開拓と国防の歴史を、屯田兵と第七師団を通して浮き彫りにする数々の展示物。当時使っていた道具も多数並んでいます

  • 旭川駐屯地に置かれている自衛隊第2師団の訓練風景、国際貢献活動、市民との関わりなども紹介されています

  • 2007年に新築された現在の建物は二代目。第七師団時代のレンガ造りの建物をイメージした重厚感あふれるデザインです

旧陸軍第七師団に関するリアルな展示!近代日本史ファン必見

旧陸軍第七師団の跡地で、現在、陸上自衛隊旭川駐屯地に隣接する「北鎮記念館」は、北海道の防衛と開拓の歴史を物語る貴重な資料、約2500点を展示しています。司馬遼太郎の歴史小説「坂の上の雲」に登場する日露戦争の舞台、旅順要塞攻囲戦における203高地攻撃に参戦した旧陸軍第七師団の記録が書かれた「第七師団歴史」は、旭川市の文化財。屯田兵が残した甲冑、日本におけるスキーの生みの親・レルヒ中佐の資料、旧陸軍や自衛隊の様子をリアルに再現したジオラマの数々など、歴史&ミリタリーファンにとって見どころ満載の施設です。また、日露戦争当時の旧陸軍第七師団の軍帽・軍服をコスプレして記念撮影できるコーナーもあります。

知っトク情報・その他

  • ※コスプレ衣装等の貸出は現在休止中ですが、令和5年5月8日以降に再開する予定です。

詳細データ

  • 施設名 (イベント名)
    北鎮記念館
  • 所在地
    旭川市春光町国有無番地/陸上自衛隊旭川駐屯地隣接(国道40号線沿い・護国神社向かい)
  • お問い合わせ先

    0166-51-6111(内線2496)

  • 定休日・営業時間
    定休日/月曜休(祝日の場合は開館、翌日休)、年末年始(ホームページをご確認下さい)
    営業時間/4月~10月は9:00~17:00、11月~3月は9:30~16:00
  • 料金
    入館無料
  • アクセス方法
    JR旭川駅より旭川電気軌道バス・道北バスでバス停「護国神社前」下車、徒歩で約5分
  • 駐車場
    あり (普通車25台、大型車3台・無料)
  • ホームページ
    http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/2d/hokutin2/top.html

更新日:2023/04/03

※掲載している情報や写真は最新の情報とは限りません。お出かけの際は必ず公式情報をご確認ください。