ぐうたびTOP > 特集一覧  > 帯広屋台レポート☆北の屋台VS十勝乃長屋!  > 帯広屋台レポート☆北の屋台VS十勝乃長屋!2


PROFILE
飲兵衛ひらチャン
呑兵衛ひらチャン
札幌在住の体当たり系・酒場ライター。趣味は一人居酒屋巡り。
“美味しくて いごこち上々 コスパ良し”の優良店を探して、今日も盛り場をうろつく日々。口癖は「飲み放題ある?」

北の屋台 vs 十勝乃長屋
じゃがいも、チーズ、美味しいお肉に魚介、そしてワイン…。十勝エリアは北海道らしい風景や食材がたっぷりと詰まった地域。そんな十勝の中でも帯広の「北の屋台」と「十勝乃長屋」は、地元の豊かな食材を使った個性的なお店がひしめき、味を競い合っています。両者を酒場系ライターが徹底取材!それぞれの特色とオススメのお店、絶品メニューをレポートします!
(※情報提供日2015年9月)
帯広駅から徒歩約5分



▶やきとん もつ煮込み ぐっとん
▶瑚遥(こはる)
▶dining いちまろう
▶天ぷら てんかつ
▶ふらり寿司 蝦夷の漁

やきとん もつ煮込み ぐっとん 電話番号090-7663-2670
営業時間17:30~24:00(日曜休)

オープン以来6年間、素材を継ぎ足し継ぎ足ししてきたモツ煮込み。もうもうと煙る大鍋の中に、お店の歴史と味が凝縮されています
  モツ煮込みと冷たいホッピーが最高に合う!
道産豚のやきとん、もつ鍋をリーズナブルに提供し、サラリーマンや若いや女性にも人気のお店。「モツと一口に言っても、いろいろな部位があります。お好みの味と食感を味わってほしいですね」と店主の川口さん。イチオシメニューはモツ煮込み。熱々をほおばった後に冷たいホッピーをグイっとあおると、今日の疲れが一気にとれますよ!
日本酒、焼酎も 充実させてます!
ひらチャンのおすすめポイント!

新鮮な道産豚のモツを使ったやきとん5本セット。ハツのコリコリ、レバーのねっとり、さまざまなモツの味が楽しめます。お好みでタレも可能。
 
お店の看板メニュー・モツ煮込み。やきとん同様にいろいろな部位が入っているので、さまざまな食感が楽しめます。ゴボウ出汁もよく効いてます!
 
お手頃価格なので、仕事帰りのサラリーマンや若者に人気。「出張中の方や女性でも一人で気軽に入れるようなお店を目指しています」(川口店長)。
スポット情報で詳しく見る
▲ ページトップへ
dining いちまろう 電話番号080-1152-8373
営業時間17:00~24:00(不定休)

ブルーチーズとピータンのムースを、固めのパンと甘いパンの2種類につけて。チーズとピータン、クセのある2種類の素材が合わさると、コクと深みのある味わいに。
  オリジナル和風フレンチが評判。リピート率高し!
「この一品が忘れられないと、再び来てくれるお客さんが多いですね」と店主の中田一摩郎さん。気軽にフレンチを楽しんでもらおうと、あえてオリジナルの和風フレンチにこだわっています。小海老スフレグラタンやホタテのクリーム煮をはじめ、若い女性のリピート率が高いとか。十勝素材の野菜のピクルスも自慢の一品。
本格フレンチを手軽に! まずは店主の おすすめからどうぞ!
ひらチャンのおすすめポイント!

アツアツの小海老スフレグラタン。表面のチーズの下にエビのすり身、さらに下にはホタテやバゲットが詰まっていて、食べ進めるたびに違う味が楽しめます。
 
「ここでは肩肘はらずに食べて飲んでもらいたい」と飲み物は料理に合うハウスワインを安価で提供。ワインが苦手な女性には生ゆず酒も人気です。
 
お店の場所は十勝乃長屋3番地3。この日は「札幌にあったら週一回は来るのに」と言うファンの2人が、お気に入りのメニューをそれぞれ注文していました。
スポット情報で詳しく見る
▲ ページトップへ
ふらり寿司 蝦夷の漁 電話番号0155-23-7977
営業時間18:00~3:00 
※金、土、祝前日は4:00まで営業(日曜休)

その日の新鮮なネタを豪快に!採算度外視の「極上絶品盛り」は観光客に人気。こんな盛りで980円!
  豪快な極上絶品盛りと繊細な味付けの〆サバがオススメ!
お寿司屋さんが多い帯広市街の中にあって、開店以来常連さんに愛されているお店。「安く、美味しく、新鮮なもの」にシンプルにこだわった店主のおすすめは、ウニやイクラを豪快に乗せた「極上絶品盛り」。新鮮なネタと、ネタの下のカッパ巻きが良く合います。繊細な職人技が光る〆サバも、常連に愛されています。
遅くまでやってます。 気軽にお立ち寄り ください!
ひらチャンのおすすめポイント!

自家製〆サバ(一貫100円)は、〆時間、塩、酢にまでこだわった店主自慢の一品。ここでしか味わえないと、常連さんのほとんどが頼むとか。
 
十勝乃長屋の中で最も遅く営業しているのがこのお店。飲んだ後、ちょっと小腹が空いたときに最適。自慢の〆サバをはじめ、手頃な値段で食べられるので安心。
 
遅くまでにぎわっている店内では、カウンター越しにちょっと無口な店主・大友さんの職人技が光ります。お土産や近場のお店なら出前もOK。
スポット情報で詳しく見る
▲ ページトップへ
瑚遥(こはる) 電話番号080-1976-1037
営業時間17:00~23:30(不定休)

松本さんを囲んでカンパイ!隣り合った人がすぐに仲良くなるのがお店の良いところ。初対面で意気投合、次のお店に行ってしまうこともよくあるとか。
  生ハムとチーズ、ラワンブキの肉詰めがオススメ!
もともとは「北の屋台」で人気だったお店が独立。美人ママと評判の松本さんが笑顔で迎えてくれるお店です。ハモンセラーノ(スペイン産生ハム)や十勝産のラクレットチーズが人気。身の丈程も育つ足寄の名物「ラワンブキ」を使った肉詰めも評判の逸品。北海道根室の地酒「北の勝」をはじめ、ワインや本格焼酎などお酒も充実しています。
ママさんの美貌と人柄で 常に男性客が 絶えないお店です!
ひらチャンのおすすめポイント!

瑚遥(こはる)自慢のイベリコ・ベジョーダの生ハム。どんぐりを食べて育ったイベリコ豚だけあって、ナッツ系の香ばしい風味が口に広がります。
 
アツアツ&トロトロの十勝産ラクレットチーズをパンに塗って。アニメ「アルプスの少女ハイジ」でおじいさんが作ってくれた料理とそっくり!?
 
他ではあまり食べられない足寄の郷土料理「ラワンブキの肉詰め」。フキのしっかりとした食感にひき肉の旨味がジュワッと広がる看板メニューです。
スポット情報で詳しく見る
▲ ページトップへ
天ぷら てんかつ 電話番号0155-22-2020
営業時間17:30~24:00(日曜休)

オーソドックスなえび天で分かる、店主の細やかな気配り。シンプルな料理だからこそ職人技が光ります。
  職人肌の店主が毎日ネタを吟味、十勝の旬を天ぷらで!
「天ぷらというごまかしのきかない料理で、十勝の四季を感じていただけたら」と店主の関口さん。ネタは旬の食材を毎日吟味。芽室産トウモロコシや厚岸産のカキや道産ウニ等が人気。天ぷら油は菜種と白いゴマ油を絶妙にブレンド、塩はモンゴル産の岩塩をすり鉢でパウダー状にしたものを使用。細やかな気配りが素材本来の旨味を引き立てます。
阿部さん夫妻とのトークも 楽しみのひとつ。 いつも常連さんで にぎわっているお店です。
ひらチャンのおすすめポイント!

厚岸産のかきの天ぷらは大ぶりでプリプリ、食べ応えあり!アツアツを食べると新鮮なカキの旨味が口いっぱいに広がります。
 
リーズナブルな値段で食べられるので、地元客に人気。「揚げ方、油、衣等に飽きがこないよう工夫しています」と関口さん。
 
アナゴやヤマメなど、カウンターにはいつも新鮮な旬の素材が並びます。十勝産アスパラ、しいたけなど地元農家から取り寄せた野菜もおすすめ。
スポット情報で詳しく見る
▲ ページトップへ
へいチャン 十勝乃長屋の取材を終えて
雨の日でしたが、それが長屋のたたずまいにも合っていて、良い雰囲気でお店巡りができました。それぞれ創意工夫が感じられる個性的な食材&料理!友人知人とまた来たい…そんなお店が見つかりましたよ!若干席間がゆったりしていますが、北の屋台と同様、大きめの荷物はホテルに置いて、軽装で出かけましょう。
北の屋台のページはコチラ

帯広市内のホテル
帯広天然温泉 ふく井ホテル
十勝ガーデンズホテル
森のスパリゾート 北海道ホテル
JRイン帯広
ホテル日航ノースランド帯広
天然温泉白樺の湯 ドーミーイン帯広
ホテルパコ 帯広
十勝イン
帯広・十勝の宿一覧はコチラ
▲ ページトップへ
北の屋台はコチラ

その他にもおすすめ!


  • 温泉・露天風呂-北海道の温泉・露天風呂
  • 出張・ビジネス-CITY BUSINESS
  • 日帰りプラン-ONE DAY
  • 目的で探す宿プラン-女子会 出張 グルメ